News

プレスリリース

SmartHRが“働く”の未来を考える大型オンラインイベント 『WORK and FES 2021』を12月11日(土)に開催! 〜 “働く”を取り巻くさまざまな『Relationship(関係性)』を考える 〜

アイキャッチ、“働く”の未来を考える1日、「WORK and FES 2021」。2021年12月11日(土)12:00~20:00 参加無料、オンライン開催

クラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」を運営する株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)は、「“働く”の未来を考える1日」をテーマにした、大型オンラインイベント『WORK and FES 2021(ワークアンドフェス 2021)』を2021年12月11日(土)に開催いたします。初回となる昨年は1,500名以上の方にご参加いただき大盛況で幕を閉じたWORK and FES、本年は「Relationship(関係性)」をテーマに、“働く”を取り巻く様々な関係性について考えます。イベント内のトークセッションでは柔道家の井上康生さん、「HOTEL SHE,」をはじめとしたユニークなホテルのプロデュースで知られるL&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表の龍崎翔子さん、前Business Insider Japan統括編集長でジャーナリストの浜田敬子さんなどが登場。多様な観点で8のコンテンツを展開、“働く”を考えるすべての方のご参加をお待ちしております。

■ WORK and FES 2021テーマ「Relationship(関係性)」について
様々な領域で活躍する方々とともに、これからの“働く”を考えるキッカケの場として年に一度開催する「WORK and FES」。2回目の開催となる本年は「Relationship」をテーマに、働くを取り巻く関係性について考えます。
これまでの“働く”のあり方が大きく揺らいだ2020年から約1年。“働く”を形作るさまざまな関係性も、変化の時を迎えています。企業と働き手、仕事とテクノロジー、チームと多様性、成長と健やかさ、働くことと暮らすこと。今、“働く”のまわりには、どんなRelationshipが生まれつつあり、私たちは、どんな関係性を結んでいけば良いのか。多種多様な世界で活躍する人々とともに、これからの“働く”を考えてみたいと思います。

イベント当日のスペシャルコンテンツでは、柔道家の井上康生さんに「「柔道ニッポン」を復活させた井上康生が考える、人とチームの育て方、働き方論」をお話しいただきます。その他、L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表の龍崎翔子さんや一般社団法人 NO YOUTH NO JAPAN代表理事の能條桃子さん、株式会社Civichat 代表取締役社長の高木俊輔さんをお招きし、「この先みんなはどう働く?時代をひらくリーダーたちと考えるこれからの“働く”の形」としてそれぞれの新しい働き方や描いている未来について語り合うセッションや、本年初開催された「WORK DESIGN AWARD」を審査員の皆さまやグランプリ企業への現地取材で振り返る、特別映像コンテンツなども予定しています。
イベント後半のセッションでは、「これからの時代の、企業と人の関係性。SmartHRを牽引してきた二人が、今考えること」と題し、モデレーターに大室産業医事務所 代表の大室正志さんを迎え、株式会社SmartHR 代表取締役・CEOの宮田昇始と、取締役・CTOの芹澤雅人がこれからの企業と従業員の関係性、よい組織のつくり方、経営者の役割、そして自身の働き方などを話します。

■ 出演者について
井上康生さんプロフィール写真

井上康生(柔道家)

東海大学 体育学部武道学科教授。1978年5月生まれ。宮崎県出身。東海大学付属相模高等学校を経て、東海大学体育学部武道学科卒業。同大学大学院体育学研究科修士課程修了。切れ味鋭い内股を武器に、大内刈、大外刈、背負投げなどを得意とする攻撃型柔道で数々の結果を残した。1999年、2001年、2003年世界選手権100キロ級で優勝。2000年シドニーオリンピック100キロ級で金メダルを獲得。2001〜2003年全日本選手権優勝。2008年に第一線を退き、2009年より2年間、英国に留学。帰国後の2011年から全日本強化コーチ、2012年11月より全日本男子監督を務め、2016年リオオリンピックでは全階級メダル獲得、2021年東京オリンピックでは史上最多の5個の金メダルを獲得した。

■ 株式会社SmartHRについて
2013年1月23日設立。2015年11月にクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供開始。雇用契約、年末調整などの人事・労務業務のペーパーレス化や、従業員サーベイや分析レポートなど蓄積された情報を活用する人材マネジメントまで、多様な人事・労務の業務効率化を実現します。「SmartHR」は総務省が提供するe-Gov APIと連携しており、Web上から役所への申請も可能。煩雑で時間のかかる人事・労務管理から経営者、担当者、従業員を解放し、企業の生産性向上を後押ししています。2020年には関西支社に続き九州、東海にも拠点を開設。2021年、シリーズDラウンドで海外投資家などから約156億円を調達し、累計調達額は約238億円となりました。

■ 会社概要

  • 社名:株式会社SmartHR
  • 代表取締役:宮田 昇始
  • 事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2013年1月23日
  • 資本金:83億1452万円
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
  • 企業URL:​https://smarthr.co.jp/ 

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。

We Are
Hiring!

私たちは一緒に働く
メンバーを探しています。

私たちはミッション・価値観への共感を何よりも大切に考え、一緒に働くメンバーを探しています。SmartHRにご興味をお持ちの方は、こちらから会社紹介資料など様々な情報をご覧いただけます。

SmartHRをもっと知る