ENTRY
自分の開発したプロダクトで
売上をつくり
ビジネスを成長させたい
藤井 哲平TEPPEI FUJII
大学院修士課程を修了後、大手ゲーム会社に新卒で就職。サーバエンジニアとしてアーケード向けのゲームや基盤システムのプロジェクトに携わり、ネットワークサービスの設計・開発・運用をアプリケーションからインフラまで広く担当。ソフトウェアや通信データのインタフェースにこだわりを持って開発に取り組んでいる。一児の父。

―SmartHRに入社しようと思ったきっかけを教えてください

実は転職を考える前からKUFU社(現SmartHR社)の存在は知っていました。

―えっ!? どこで知ったんですか?

グッドパッチさんの導入事例をSNSで見かけたのがきっかけですね。
それからしばらく経って「ビアバッシュ」というSmartHR社が実施しているエンジニア向けのイベントを見つけたので遊びに行ったらあれよあれよと入社が決まりました。

―SmartHRが良いと思った部分はどこですか?

「ビアバッシュ」でSmartHRに初めて触れてみたら「本当にユーザーのことを考えて作られてるなぁ」と結構驚きました。

―それでも大企業からスタートアップへの転職は抵抗があったと思います。

たしかにスタートアップのことはわからないので不安でしたね。でもさすがに潰れないだろうと確信した上で応募しました(笑)。 一番抵抗、というか不安だったのはリスクが分散されていないという点ですね。
SmartHR社の場合はSmartHRのみをやっていて、開発するのも自分。失敗したら自分に責任も被害もふりかかるので不安ではありました。蓋を開けてみたら責任感が生まれましたし、自分にはこの方が合っていました。ワンプロダクトなので会社としての一体感もかなりありますよね。
自分がしっかり開発して良いサービスを作れば、会社の成長に貢献できてるということを実感できる環境ってなかなか無いと思います。 ウチってsupportチャンネル(チャットサポートの会話が全て流れるSlackのチャンネル)を見れるじゃないですか。あそこを見ていると本当に大変そうな人が多いですし、SmartHRがそれを救えていることが目に見えるんですよね。

―では、ここからは具体的な業務についてお聞きします。まず、前職では何をされていたのでしょうか?

ゲーム会社でアーケードゲームのAPIサーバーの運用と開発が主の業務でした。
スキルセットとしてはSmartHRと似ているのですが、ウェブサービス開発ではなかったし、大企業だったのでかなり違う環境に挑戦したほうだと思います。

―SmartHRへ入社してから今まで何をやってきたか教えてください。

最初はSmartHR本体の機能開発をやっていて、2017年末からは新規機能開発に注力しています。具体的にいうとSmartHRから派生した「雇用契約書のオンライン締結機能」などです。

―仕事をする上でこだわっていることは何ですか?

SmartHR はたくさんのオープンソースのライブラリを利用して作られています。開発をしていると、ときどきライブラリ側での問題を見つけることがあります。そういう場合は社内向けのワークアラウンドだけで済まさず、ライブラリ側へのバグレポートや問題を修正するパッチを送るようにしています。

―SmartHRに入社して責任感が大きくなった点以外に、感じたことはありますか?

やっぱりスピード感がすごかったです。例えば以前の会社で「このSaaS使いたい」と思ったらかなり上の層まで伝える必要があったし、そこを通すための根回し的な努力で無駄な時間を割くみたいな……。一方のSmartHRはそれがなく「許可より謝罪」のマインドで、スピード感があります。
また、SmartHRでは、入社間もない自分にCI改善のすべて任せてくれたのが印象的でした。CIサービスの選定からテストまでガンガン勝手に進めて、決済もすぐに通って理想的な環境だなと思いましたね。

―その他には何かありましたか?

これ書けるかな? 昔の話なので良いかな?(笑)意外と完成されていないサービスでびっくりしました(笑)

―どの辺がですか……?

結構バグが発生したり、まぁまぁ頻繁に落ちるような設計になていたりして。機能性もUIも良いのですが、意外にも弱い部分があったことに驚きました。あとは終業後に社内のフリースペースでビール飲み始める文化とかもギャップがありました(笑)

―たしか藤井さんの歓迎会も社内のフリースペースでやって、潰れて乗り過ごしていましたね。

やめてください。

interview03_01

―SmartHRで今後やっていきたいことは何ですか?

新規機能開発ですね。SmartHR本体とは違う部分で会社に貢献するのはワクワクします。それで売上に繋げたいですね。

―「売上」に対する感覚を持つエンジニアの方は少ないと思います。

自分の開発したプロダクトでビジネスを成長させるぞという。これが一体感です(笑)。

―では、SmartHRにはどういう人が合うと思いますか?

スキルとしてはアプリを1つ自分だけで作れるくらいだと良いと思います。他にはデータベースのスペシャリストを探しています。SmartHRは1企業1DBという特殊なことをしているので、デプロイも時間がかかったり何かと大変で、この辺りに詳しいとかなり活躍できると思います。
最近は人も増えてきたのでリーダー、マネージャー層も求めています!

―人物像としてはいかがですか?

何に対しても「もっと良くなるんじゃないか」と改善思考で考えられる人が良いです。会社のメンバーの多くがSmartHRのことも会社のことも「もっとよくなるんじゃないか」と考えているので、この考え方があると馴染みやいと思います。

―SmartHR社の良いところと悪いところを包み隠さず教えてください。

えっ、言いづらい……!宮田さん(社長)いるし(笑)。

―宮田:何でも言っていいし全部書こう!(笑)

じゃあ、まずは良いところから……。
さっきも一体感と言いましたけど、職種関係なく、仲が良いのでコミュニケーションが取りやすいところですね。ワンフロアに収まる人数なので業種をまたいでのコミュニケーションも活発だし、情報共有もスムーズで働きやすいです。
部活動では、激辛好きが集まる「辛い部」に所属していますが、本当に様々な職種のメンバーが集まっていて、日々激辛フードに挑戦することで一体感が生まれている気がします(笑)

―では悪いところを教えてください

結構真面目な話で、Slack流量がすごくて追えないところですね……。雑談がかなり盛り上がるし、見ていて楽しいんだけど、1日1時間くらいチャットしてる気が(笑)

―宮田:荒木くん(インタビュアー)、1日4時間くらいチャットしてるでしょ?

―そんなにしてないですよ。3時間くらいです。

―宮田:そういえば以前エンジニアが社内ハッカソンした日、Slackの更新が止まって超静かだったよね(笑)。

あの時は静かすぎてすごかったですね。No Slack Day とかやったら良いかも(笑)。

interview03_02

インタビュー

エントリー